1. >
  2. >
  3. 話題のココナッツオイルの効果とは

話題のココナッツオイルの効果とは

あの食品が万能薬?!

何かと話題になっているココナッツオイルとはどういった効果があるのか、知らない人も多いと思いますので、ココナッツオイルは凄いオイルだということをご紹介します。
ココナッツオイルは昔から栄養価が高く、健康な体を維持する為の食品として注目されており、ココナッツオイルは薬として様々な効果が期待できるものとして使用されてきました。
最近ではココナッツの効能が良いことで、海外からブームが起こり、この日本でも注目されココナッツオイルの愛好家もいるぐらい人気となっています。

食品としてココナッツオイルでボディケアとヘアケアができることをご存知ですか?
ココナッツの効能と見ていくと、まず知られているのが、スキンケアとヘアケアで、ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は分子量が小さく肌や髪の毛、頭皮に塗ることで、体にスムーズに浸透します。
その結果、サラサラな髪になり肌触りがしっとりとします。顔や体全身に至るまでの保温の効果があり、またメイク落としにも最適です。

脂肪の燃焼を促し、便秘も解消

次にココナッツオイルは前述した中鎖脂肪酸が多く含まれていることから、体に蓄積されずにエネルギーへと転換してくれるです。
ココナッツオイルは体の代謝アップにも貢献してくれるすぐれた効能があり、体についている脂肪を燃焼しやすくしてくれる働きがある為に痩せるオイルという風な呼ばれ方もされています。
また、ダイエットの他にオイルが腸の働きを良くし、体の中に溜まった便を除去してくれる為、便秘解消にも役立ちます。

病気の予防にも役立つココナッツオイル

次にココナッツオイルで紫外線をカットする効果はありますが、日焼け止めとしての効果は期待できませんが、体を綺麗に焼きたい方は、サンオイルとして活用してみて下さい。
効果が期待できるものとしてココナッツオイルには抗菌力や抗酸化力にも優れており、様々な酸化物質や細菌から体を守る働きがあり、虫さされや擦り傷、打ち身などに塗ると効果があると言われています。

ココナツオイルに含まれる飽和脂肪酸は他の油に比べて常温で2年間は酸化しにくい性質があり、ラウリン酸が多く含まれており、抗菌、抗酸化作用が優れている為、近年では健康の為の研究が行われています。
最近の研究では、コレステロールの低下を促す作用や糖尿病の予防、心臓病のリスク、免疫力を高めたりと、色々な効果が期待されています。
独特の臭いから女性を中心に好まれていますが、最近ではヘルシー傾向にある若い男性からも注目を集めています。

また、似たような効果を持つ卵油があります。昔から健康食品として愛用されてきました。

卵油は昔から「飲んで心臓に、つけて痔に」良いものとして、400年以上昔から語り継がれています。
昭和になると家庭でも作ることが出来る「心臓に良い」健康食品として、薬の効果とは違うその素晴らしさを体験した人から人へとさらに広まっていきました。
卵油は薬と違って、身体の中で栄養成分が不足しているためにおこる体調不良などに力を発揮します。
引用‐卵油にはどんな効果・効能がありますか?|FAQ|【ちえの輪卵油】

ココナッツオイルとは別に試してみるのもいいですね。

ココナッツオイルは食べても良し、スキンケアにも良し、正に万能約です。
皆さんも興味を持ちましたら、食べ方や効能などについて考えながら色々とチャレンジしてみては如何でしょうか。