1. >
  2. >
  3. ブルベ・イエベを診断して自分に似合うメイクを見つけよう!
ブルーベースの肌

ブルベ・イエベを診断して自分に似合うメイクを見つけよう!

イエベとブルベの特徴とは?

肌の色合いをよく見せ、顔全体の印象を明るく健康的なイメージにメイクを施してみたところ、逆に、顔の具合が悪そうと指摘されたことはありませんか?
これはその人が元々持っている肌の特徴と施したメイクカラーとの相性が合わなかった場合になりえます。

おしゃれに敏感な方で、イエローベース(イエベ)とブルーベース(ブルベ)という言葉を一度は聞いたことはあると思います。
イエローベースの肌の人では、黄色味がかった色をメイクに選択するのがおすすめ。逆に肌色がブルーベースの場合は、メイクカラーを青みがかったものにするとよいでしょう。

イエローベースの肌質の方は、イエローやオレンジ、グリーンなどのカラーと合わせると明るく健康的な肌に仕上ります。肌質がブルーベースの場合、パープルやグレー、ブルーなどの落ち着いた印象を持つ色がおすすめ。上品な肌を再現できます。

肌の特徴はどうやって確かめる?

コスメ
肌の特徴をイエローベースかブルーベースかをどのように判断することができるでしょうか。インターネット上では、2つの肌を診断するためのポイントが多く紹介されています。

基本的には、手首の血管が緑色に見える場合はイエローベース、血管が青く浮かび上がって見える場合はブルーベースとされています。
肌の特徴を血管の色だけでは、判断しづらいという方は、日焼けした後の肌をチェックしてみましょう。

日焼けした肌が、赤色ではなく黒色になっていた場合、イエローベースといえます。逆に、日焼けした肌が黒色より赤色の場合はブルーベースとみてよいでしょう。
どちらの肌が良いかという訳ではなく、肌の特徴から相性の良いメイクカラーを選択できるのです。

試しに使ってみたけれど肌に合わなかったとして、買った化粧品をそのままお蔵入りにさせた経験はありませんか?
イエローベースとブルーベースの肌の特徴を押さえておくことで、メイク選びで迷ってしまうことが少なくなるかもしれません。

肌質に合わせたメイクカラーや化商品

イエローベースの場合、暖色系の化粧品との相性が良いとされています。例えば、イエローベースの肌質ではベージュやカー
キ色のチークを乗せて、全体を明るいトーンに。

逆に、ブルーベースの方は、寒色系の化粧品を使用することで透明感のあるトーンが期待できます。ブルーブラウンのアイシ
ャドウで優しく落ち着いた目元に仕上るでしょう。また、ピンク色のチークを乗せることで血色を強調し、相手に柔らかい
印象を与えることも。

まずは、どのタイプの肌質なのかをチェックし、タイプ別に合わせたコーディングを意識しましょう。