栄養不足だと爪が割れやすい!?

栄養が不足すると割れ以外にもさまざまなトラブルが

皆さんは爪の手入れをどのように行っていますか?
何もせず過ごしている方の場合には、どんどん爪が弱くなってしまいトラブルを起こすことがあります。
爪が割れてしまうことや、折れてしまうことが頻繁でとても困っているという方は、爪の栄養不足が起きているのかもしれません。

爪というのは角質が重なってできているので、しっかりと栄養を補うことができなければ、どんどん脆くなっていきます。
また、爪が頻繁に割れてしまう方の場合にはこのような栄養不足が原因だといわれていますが、その他にも様々な症状が現れてきます。

爪が栄養不足になってしまうことによって前述の通りもろくなりますので、割れるといったケースから、欠けてしまうというケースまでさまざま。
またこの他にも、表面がでこぼことしてしまいケアをするのが難しくなってしまうということも考えられます。
実際に爪が栄養不足の状態になってしまった時に生じてくる様々な症状について、あらかじめ知識を持ちましょう。

爪が弱くなり巻き爪や穿入爪になることもある

爪が弱くなってしまうと、ちょっとした動作をするだけでも頻繁に欠けてしまうことがあります。
しかしこれだけではなく巻き爪や陥入爪になってしまう可能性も高くなります。
巻き爪というのは靴などによって圧迫された爪がどんどん内側に巻き込んでしまう状態を言いますが、とても痛いので歩けなくなってしまうこともあります。

また陥入爪に関しては、巻き爪に加えて爪の一部が尖ってしまうため、とがった部分が皮膚の中に食い込んで化膿してしまうことや、腫れてしまい靴が履けなくなることもあります。
このようなトラブルを防いでいくためには日頃から爪のお手入れをしっかりとしていくことが重要になります。
特に陥入爪になってしまった場合には化膿してしまう部分がどんどん広がり、最終的には切開をしなければならないというケースが爪を剥がさなければならないというケースまでさまざまです。

巻き爪であっても程度そのものがひどければ一度爪をはがした上で、真っ直ぐ生えてくるような処置をとらなければなりません。
どちらにしても非常に痛い思いをしなければなりませんので、しっかりと爪に栄養が行き届くように日頃からのケアを入念に行いましょう。

ネイルオイルでケアを続けましょう

上記のような爪のトラブルを避けていくためには、ネイルオイルを使用しながら毎日のケアをしてあげることが大切です。
ネイルオイルはとてもリーズナブルなものが販売されていますので、値段に関わらず毎日塗ってあげることを重視してください。
爪に直接塗るのはもちろんですが、爪の生え際の甘皮部分にもしっかりと塗り込んであげると健康的な爪になります。

最初にもお話した通り爪は角質の塊ですので、刺激のある成分などを頻繁に使っていると爪はどんどんダメージを受けます。
そこでネイルオイルを使ったケアをしてあげることで、爪の表面をしっかりと保護して丈夫さを保ちながら、割れや欠けを防ぐことにもつながります。