ヘアカラー

自分にあったカラーしてますか?

髪の色で印象が変わる

皆さんは自分にあったヘアカラーをしていますか。
でも自分に合うヘアカラーってどうやって選べば良いか迷ったりすると思いますが、髪の色って変えることでその人の印象ってガラッと変わりますよね。

黒い髪の人がいきなり全く違う色にすることで、全く違う印象になります。
お洒落をする上でも髪の毛の色はとても重要なことですが、色の種類が多くて迷ってしまうこともありますよね。
雑誌で見て可愛いと思ってもいざやってみると自分には少し合わなかったという経験をしたことがある人もいらっしゃるかと思います。

せっかく髪の毛を染めるなら自分にはどんなヘアカラーが合うのかを知っておきたいものです。
ヘアカラーで迷っている人に自分に合うヘアカラーの選び方をご紹介したいと思います。

自分にあったヘアカラーを選ぶ際の明るさは

ヘアカラーを選ぶ際には基本的には髪の明るさに対して瞳と肌の色に連動するので、例えば暗めの髪をお持ちの方は青みの強い色との相性がよく、肌が黄色めの方は明るい色のものが似合います。
目鼻立ちのはっきりとした人は黒めの色が相性がよく、顔立ちがやんわりとした人には明るめの色が似合います。
このパターンを覚えておくと、ヘアカラーを選ぶ際には大きく外すことはないでしょうから、自分にあったカラーを選べるのではないでしょうか。

髪の色合いはどうやって決める

自分の似合うカラーの明るさが決まると、次にすることは色の選択ですが、ヘアカラーの色には、ピンク系、レッド系、オレンジ系、バイオレット系、イエロー系の各ブラウンのものと、アッシュブラウン、マットブラウンなどがあり、この中から選ぶことになります。
また、自分に似合う色から選ぶ方法として、顔の印象がシャープな人は基本的に顔の印象がすっとしている感じで、直線が多い顔の方にはマニッシュな色が馴染み、反対にソフトな丸い感じの女性らしさのある顔にはピンク系やオレンジ系などを選ぶとよいでしょう。

また、着ている洋服の色が似合っている色はヘアカラーでも似合うということですので、積極的に取り入れてみてください。
なりたいイメージから選ぶ場合には単にこの色がいいって選ぶのではなく、似合う要素があるカラーを選ぶようにしましょう。

好みで選ぶのも良いですが、社会人にもなるとそんな派手はカラーにはできないですから、それぞれの立場を踏まえてのカラー選びや髪の悩みのある方も考慮して選ぶのも大事です。
ヘアカラーを正しく選択することで、あなたの印象を確実にアップしてくれるものなので、お顔とあったヘアカラーであなたの魅力を存分に引き出して下さいね。